銀行と消費者金融@カードローンも色々あります!カードローンをおすすめする理由とは?

カードローンも色々あります!カードローンをおすすめする理由とは?

銀行と消費者金融


「銀行と消費者金融」のピクチャイメージ。

銀行と消費者金融でカードローンを受けることができるのですが、この2つの違いとはなんでしょうか。
カードローンを扱っている金融機関には、銀行と消費者金融があります。このうち銀行は審査がやや厳しく、逆に消費者金融は審査が緩いという特徴があります。ですからパートやアルバイトで仕事をしていて、カードローンを利用したい人は、消費者金融に申し込む方が通りやすいといえます。ただし消費者金融の場合は、銀行と違って、借り入れに限度額が設けられています。これを総量規制といいます。

場合によっては総量規制の対象外となることもありますが、通常の借り入れの時は、この総量規制による限度額があると考えておくといいでしょう。限度額は、その人の年収の3分の1に当たる金額です。この限度額は、消費者金融を利用した借り入れすべてが対象になります。ですから年収600万円の人が、消費者金融A社から100万円を借りた場合、他の消費者金融からは、あと100万円しか借りることができません。もしそれ以上のお金を借りたい時は、銀行を利用するといいでしょう。

また銀行のカードローンは、いわゆるおまとめローンにも最適です。このおまとめローンというのは、色々な所からお金を借りていて、金利や返済日がばらばらなのを一本化することです。おまとめローンにすることで、金利を低くできますし、返済日を同じ日にまとめることもできます。このおまとめローンには、銀行のカードローンが最適であるといわれています。では、なぜ銀行のカードローンが、おまとめローンにいいといわれているのでしょうか。